エヌビディア時価総額3兆ドル超の快挙と今後の展望!買い推奨9割の理由

エヌビディア(NVIDIA)は、その圧倒的な業績と市場の期待を背景に、時価総額が一時3兆ドルを超え、世界第2位の企業となりました。

多くのアナリストがエヌビディア株を「買い」と評価する中、投資家にとっての注目ポイントと今後の展望について詳しく見ていきましょう。

目次

エヌビディアの驚異的な成長と時価総額の推移

エヌビディアは、2024年2~4月期の純利益が前年同期比7.3倍と急成長を遂げました。

この結果、時価総額は一時3兆ドル(約468兆円)を突破し、アップルを抜いて世界第2位となりました。

QUICK・ファクトセットの調査によると、アナリスト55人中9割がエヌビディア株を「買い」と評価しており、これは同社の業績の確かさを反映しています。

株価上昇の背景と市場の反応

エヌビディアの株価上昇には、コールオプションの売買が大きな役割を果たしています。

オプション市場では「ガンマスクイーズ」と呼ばれる現象が発生し、コールオプションの売買が株価をさらに押し上げています。

さらに、ヘッジファンドの買い持ち高でもエヌビディアは上位に位置し、投資家の注目が集まっています。

過熱感と競争環境の変化

エヌビディアの急激な株価上昇には過熱感も見られます。

米独禁当局が反トラスト法違反の疑いで調査を進めていることや、インテルやグーグル、メタなどの競合他社が自前の半導体開発を進めていることが、今後の競争環境を厳しくする要因となっています。

米DAダビッドソンのギル・ルリア氏は、「今後4~6四半期でエヌビディアの需要が減少する可能性がある」と述べており、短期的な調整が予想されます。

ASMLとの比較と市場の期待

エヌビディアの株価上昇は、かつてのシスコシステムズの株価急騰と比較されることが多いですが、業績の裏付けがある点で異なります。

また、欧州の半導体製造装置大手ASMLも株価を急速に伸ばしており、時価総額は一時3770億ユーロを超え、欧州第2位となりました。

これもAI技術の需要拡大が背景にあります。

エヌビディアの将来展望と投資戦略

エヌビディアの成長を支える要因として、AI技術の進化と需要の拡大があります。

米バンク・オブ・アメリカのアナリストは、NVIDIAの目標株価を1500ドルに引き上げており、AI市場の成長とともにさらなる株価上昇が期待されています。

ただし、短期的には過熱感や競争環境の変化に注意が必要です。長期的な視点での投資が推奨されます。

まとめ

エヌビディアは、時価総額3兆ドルを超える快挙を達成し、世界第2位の企業となりました。

同社の圧倒的な業績により、多くのアナリストが「買い」を推奨していますが、短期的な過熱感や競争環境の変化にも注意が必要です。

エヌビディアへの投資は、長期的な視点で行うことが重要です。

今後もエヌビディアの動向に注目し、適切な投資戦略を立てましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
ひろ
みなさんの疑問を解決する記事を書いてます
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次